先輩社員の声

社員に元気がないと会社も元気にならない。
【名古屋営業本部 営業二部二課】中村清貴
【名古屋営業本部 営業二部二課】中村清貴
Q1.現在はどのようなお仕事をされてますか?
名古屋市の近郊を回るルートセールスが主な仕事です。産業界だと自動車が勢いがあるんですが、僕が回っているところは繊維や陶器など地場産業の街なんですね。毎日、お客様にどういう新しいものを売り込んでいくかを考えています。基本は人対人の商売なんで、本当に懐に飛び込むよう努力して、明るい声であいさつから始まって、自分をいかに売り込むかですね。
Q2.入社にあたり受けられた研修はいかがでしたか?

やっぱり、心構えが違いますよね。学生の頃は挨拶や社会のマナー、責任もまだないと思うんです。僕もわからなかったですし。ダイドーの研修というのが、学生時代の甘さの排除を目的にやっていますので、かなりのギャップは感じました。研修では対お客様を設定しているので、本当にためになります。でも、新入社員の電話での対応が、会社の評価にもなるので、最初はドキドキでしたよ。

研修プログラムについて
Q3.実際に働かれて感じるダイドーのイメージは?
営業に出てよく聞くのが、“若くて元気がいい”“活気がある”などですね。それが周りから見た、会社の評価だと思います。実際は、僕のような若い営業がお客様のところにいくと、何かと言いやすいのか、よく怒られますよ。
ただ、怒ってもらえるうちが花。何も言われずに注文が無くなるより、怒られて、そこを改善できる方が大切です。怒られるって、それだけ思ってもらえるってことですからね。
Q4.この会社を選ばれた理由は?
学生時代、何社か会社訪問をしていてダイドーにきたとき、僕ら学生に対しても、いらっしゃいませ、ありがとうございましたと、大きな声で社員の方が挨拶をしたんです。実は僕は体育会系で、その活気にもひかれました。あとは産業の発展性を加味して。入社したら、会社自体が個性の集まり。みんなめんどうみがよくて、人間関係に悩むこともなかったし、とても楽しい職場ですね。
Q5.お仕事をするうえで気をつけていることや、目標は?
商品を商社さんに卸すというのが仕事なんですが、お客様の商社さんにもお客様のユーザーさんがいるんですね。そこで、お客様のお客様、ユーザーさんが何を使っているのかを把握しようと努めています。そうすればお客様に対して、一歩踏み込んだ営業ができると思うんです。今後の目標は、自分にゆとりを持って、新入社員の人が相談しやすい仕事の面で慕われる人になりたいですね。
Q6.これからダイドーを目指す学生のみなさんにメッセージを。
正直、どんな仕事も楽なことはないと持論があるんですね。でもダイドーは、これだけ頑張ったらこれだけ評価してもらえる、というのが目に見えてわかるから頑張れる。文系、理系も関係なく、どれだけお客様と仲良くなれるかが必要なんです。自分のやる気を応援してくれて、先輩がフォローもしてくれるので、行動派には魅力いっぱいの会社だと思います。
2018新卒採用エントリー受付
ページトップへ